HOME>オススメ情報>医学部受験では予備校を活用しよう。予備校の選び方や費用について

合格実績の見方のポイント

女子大生

大阪には医学部予備校がたくさんあるため、どこに入ろうかと迷う受験生も少なくありません。医学部予備校を選ぶ基準は色々ありますが、過去の合格実績を参考にする人も多いでしょう。ところで、合格実績をチェックするためにはいくつかのポイントがあります。まずは一次試験でなく、二次試験の合格者を掲載しているかです。特に私立大学医学部では一次試験と二次試験があり、二次試験に合格しなければ入学できません。もし、予備校の実績で一次試験合格何人と記載されていたら注意が必要です。また最終の医学部進学者数が明確に記載されているかも大きなポイントです。何故なら、1人の受験生がいくつもの医学部を受験することができるからです(特に私立の場合)。つまり、合格者数と医学部進学者数は必ず一致しないため、医学部進学者数の方をチェックするようにします。

どのくらいの費用がかかるのか

女子大生

大阪にある医学部予備校に通う場合、合格実績と共に気になるのが学費のことかもしれません。手厚いサポートが受けられる分、学費も高めになる傾向です。一般的には1年間で100~500万円程度と予備校の種類によって差があります。やはり、大手予備校の場合は学費は低めに抑えられています。それでも、医学部専門コースならば年間で200万円以上するクラスもあります。一方、医学部専門予備校は手厚いサポートが受けられる分学費が高めであり、年間で400~500万かかるところも少なくありません。

特待生制度を利用しよう

女子大生

大阪には医学部予備校が集まっていますが、どこの学校でも学費が高く数百万円程度必要です。個別講座など手厚いサポートが受けられる予備校では、別途費用が必要なところもあります。このように、医学部予備校の最大のデメリットですが、特待生制度を利用すれば学費を抑えることができます。これは入塾テストなどで、優秀な成績を獲得した受験生に対して授業料を減額するなどの制度です。そのため、大阪の医学部予備校に入る前に、特待生制度などをチェックしておくと良いです。

広告募集中